必携 英単語 LEAP

必携 英単語 LEAP
出版社
数研出版
教材ジャンル
  • 高校生
  • 英単語

この教材の概要と特徴

1.Active Vocabulary(発信語彙)とPassive Vocabulary(受信語彙)の分類
1,935の英単語を
 writingやspeakingで「使いこなせる」ようにするActive Vocabulary と
 readingやlisteningで「意味がわかる」ようにするPassive Vocabulary
に分類しました.
2.Active Vocabulary (Part 1, 2) には「使うための情報」が満載
「英語での発信」に必要な「熟語」や「定型表現」を[頻出]として,
「発信の際に間違えやすいポイント」を[注意]として掲載しました.
3.見出語の難易度をCEFRレベルで表記
見出語にCEFRレベル(A1~B2)を表記し,「どのくらい使われる語なのか」
「どのくらい重要な語なのか」を明示しました.
4. 「グルーピング」と「語のニュアンス」で「語の使い分け」が可能
「グルーピング」によって意味の似た語を並べ,適宜,「ニュアンス」を
簡潔に解説することで,類義語との違いを理解し,使い分けができるようになります.
5. 語源や語呂合わせなどで,英単語の「丸暗記」を打破
語源や語呂合わせなど,覚える手がかりとなる情報を提示し,英単語学習が
「丸暗記」にならないように工夫しています.
語源は,その連想の過程をかみ砕いて示し,さらに同語源の単語も提示することで
理解を深められます.
また,「語呂合わせ」なども掲載していますので,楽しく英単語学習ができます.
6. 「発信」に役立つ42の基本動詞
巻頭にて「基本動詞」を解説しています.
42語の基本動詞を厳選し,その中心となるイメージを解説し,
activeな用法,間違えやすい注意点,[比較]として類義語との違いなどを
精選して掲載しています.
7. 充実したコラム
「語源(主に接頭辞・接尾辞)」の理解を助け,「発信」に役立つ「発音とアクセント」の基本的なルールを学べるコラムを用意しました.
①「語源の捉え方」(Ⅰ. 語源について Ⅱ. 覚えておきたい接頭辞・接尾辞)
②「発音・アクセントのルール」(Ⅰ. 発音編 Ⅱ. アクセント編)
8. 4種類のダウンロード用音声でさまざまな音声活動が可能
4種類のダウンロード用音声で4技能を見据えたさまざまな音声活動ができます.
① 見出語+語の意味
② 用例(日→英):口頭英作文用 ⇒ 英語で「話す」トレーニング
③ 用例(英→日):英文解釈用 ⇒ 英語を「聞く」トレーニング
④ 用例(英文のみ):ディクテーション・シャドウイング用

英語教材を探す

お知らせ

レビュー募集

国際教育ナビでは、教材レビューを投稿したい方を募集しています。お気軽にお申し込みください。編集部員よりオンライン取材させていただきます。